初心者必見!プロ野球の球場観戦の楽しみ方!服装・持ち物・ルールなど!

プロ野球

プロ野球はテレビ観戦でも楽しめますが、球場へ足を運ぶことで迫力・臨場感を味わえて、テレビ観戦とは違った楽しみ方ができます。年間、何十試合も球場で観戦するファンも多く、プロ野球に興味がなくても一度球場で観戦してからプロ野球ハマってしまう人もいるほどです。とはいえこれまで一度もプロ野球を球場で観戦したことがない人にとってはどうしても敷居の高さは感じると思います。

そこで今回は、プロ野球の球場観戦初心者向けに【チケットの買い方・料金・楽しみ方・適した服装】などについての情報をお届けします。ぜひ参考にしてみてください。

 

プロ野球の球場観戦は楽しい!

プロ野球の球場観戦の楽しみ方は人それぞれですが、主に「野球のプレーを間近で見る」「応援グッズなどを揃えて同じファンと一緒に応援を楽しむ」「球場内で販売されているグルメ・お酒を楽しむ」といったことがあります。

テレビでしかプロ野球を見たことのない人に言葉で伝えるのは難しいのですが、球場はなんとも言えない独特の雰囲気で、プロ野球選手のプレーを間近で見ると思わず興奮します。また応援するチームのユニフォーム・応援グッズを揃えて、周りのファンと一緒になって声援を送るというのは日常では味わえない体験です。

さらにグルメやお酒を楽しみたいという人も多いです。球場で販売されているオリジナルのグルメやお酒は【球場グルメ】といわれて、選手・監督がプロディースしてるものも多数あります。また球場によって特徴があるので球場グルメを目的に様々な球場へ足を運ぶ人もいます。

 

プロ野球の観戦チケットの買い方・料金

プロ野球の球場観戦は当然ながらチケットが必要になります。チケットの買い方には、【球場の窓口で購入】【コンビニで購入】【インターネットで購入】する方法があります。

初心者であれば事前にコンビニまたはインターネットでのチケット購入をおすすめします。球場の窓口でのチケット購入は販売場所を探すのに時間がかかったり混雑していたりして球場に入るのが遅くなることがあります。また場合によってはチケットが売り切れていることもあります。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど大手コンビニはほとんどの店舗でプロ野球観戦チケットの購入可能で、セブンイレブンでは店内に設置されているマルチコピー機、ローソンは「Loppi」、ファミリーマートは「Famiポート」で購入できます。またインターネットでプロ野球の観戦チケットを扱うサイトもあります。

チケット購入の際の席の種類についてですが、主に【内野指定席】【内野自由席】【外野指定席】【外野自由席】があります。初心者におすすめなのは内野指定席です。値段は高めですが内野席の方が選手が近く臨場感があり、指定席の方が席が決まっていて安心です。ただ、とにかく応援を楽しみたいという人は外野席もありです。

 

プロ野球の球場観戦に適した服装

プロ野球に球場観戦初心者で「どんな服装が適してるの?」「決まりはあるの?」と疑問に感じる人も多いと思います。結論からいうとどのような格好でも問題ありません。暗黙のルールがあるわけでもなければ、これはNGという服装もありません。

ただおすすめの服装としては「歩きやすい靴・汚れてもいい服」です。球場は階段が多く、また人混みを進むことになるので、歩きやすい靴が最適です。また球場の席は掃除はされていると思いますが、決して綺麗とは言えず、またほとんどの席はテーブルがなく、そこで飲食するので服が汚れる可能性は高いです。そのため歩きやすい靴で汚れてもいい服装である方がいいでしょう。

 

プロ野球の球場観戦の持ち物

初心者向けにプロ野球の球場観戦の持ち物を紹介します。まず必ず必要になるのがチケットです。チケットは絶対に忘れないようにしましょう。他には【飲み物・雨具・ビニール袋・双眼鏡・折りたたみ座布団】などがあります。

球場内でも飲み物は販売していますが、値段が割高ですので持参するのがおすすめです。ちなみ後ほど詳しく解説しますが、飲み物の持ち込みに関してはルールがあるので注意が必要です。

天気の急変に備えて雨具、観戦後のゴミの処理のためのビニール袋も忘れないように、またテレビ観戦と違って球場での観戦は状況によりプレーを遠くで見ることになることや選手の表情や、ベンチの中などが見られるなどの理由で双眼鏡があると便利です。そして球場内に設置されている席は硬く、長時間観戦することになるとお尻や腰が痛くなってしますので、折りたたみ座布団があるといいでしょう

 

プロ野球の球場観戦で知っておくべきルール・マナー

プロ野球の球場観戦の初心者が知っておくべきルール・マナーについて解説します。知らないとトラブルになることもあるので、必要最低限は理解しておきましょう。

プロ野球観戦で知っておくべきルール

・缶・ビンの持ち込みNG

・1塁側・3塁側の席に注意

・チケットの転売禁止

まず始めに飲み物の持ち込みルールについては、基本的に缶・ビンの持ち込みは禁止です。ただ缶・ビンの中身を紙コップに移しての持ち込みは問題なく、球場の入口に無料の紙コップが用意されています。そのため缶などを隠して持ち込むのはやめましょう。

また球場ではホームチームが1塁・ライト側席、ビジターチームが3塁・レフト側席に分かれるのが一般的ですので、ユニフォームなど着て応援する時は、購入時に席の場所に注意が必要です。

さらに自由席をとる場合には、観戦に訪れた人の分だけの席とし、必要以上に席を確保しないようにします。荷物などを置くために空いてる席を確保するのは迷惑行為となるのでやめましょう。チケットの転売に関して、自分が購入したチケットで、行けなくなってしまってフリマアプリ・オークションなどで売るのは問題ありませんが、転売目的での購入・販売は犯罪になります。

プロ野球観戦で知っておくべきマナー

・雨でも傘をささない

・周りが座っているのに立って観戦しない

・中傷・暴言を言わない

・ゴミを席に置いていかない

まず雨が降っていても席では傘はささないといったマナーがあります。これは後ろの席の人の視界を遮ってしまうからです。雨の時はレインコートで対応しましょう。また応援する祭に周りが座っているのに座席で立ち続けることもNGです。

さらに球団や選手および審判に対しての個人的中傷・暴言、観戦後に自分が出したゴミをそのまま席に放置して帰ることもマナー違反になりますので注意しましょう。

 

プロ野球の球場観戦は球場グルメも楽しめる

プロ野球の球場観戦の楽しみの一つに、「球場グルメ」があります。その球場でしか味わえないグルメが多数あるのです。

神宮球場では本格的ピザがリーズナブル価格で楽しめます。また横浜スタジアムでは球団オリジナル醸造ビールやベイ餃子・ベイスターズドッグ、ジューシーでカリッとした食感が楽しめるベイカラ、熱々サクサクの揚げたてのベイメンチなどのグルメがあります。また東京ドームでは、ドームメロンパンサンド・ドームエッグバーガー・東京ドームドッグ・ホームラン万かつサンドや陽岱鋼選手・坂本勇人選手・阿部慎之助選手・菅野智之選手・小林誠司選手など選手がプロデュースした弁当を楽しむことができます。

さらにナゴヤドームでは、ドラゴンズ応援弁当や選手がプロデュースした肉丼ぶりなど40種類ほどの弁当やビールのつまみに最高のドラゴンポテト、名古屋名物の「名物八丁みそからあげ」や「台湾まぜそば」などがあってを球場内で楽しむことができます。またドーム2階の3塁側ではナゴ ドルチェあどのスイーツを提供しているお店もあります。

球場グルメに関する記事はこちら

【球場グルメ】神宮が最強!話題のヘルメットグルメや選手プロデュース商品!

【球場グルメ】横浜スタジアムも熱い!選手プロデュース・みかん氷・青星寮カレーなど

東京ドームの「ドーム飯」を紹介!選手プロデュース弁当・グルメ

 

球場でプロ野球を観戦しよう!

以上のように初心者がプロ野球を球場で観戦する際の楽しみ方・チケットの購入方法・おすすめの服装や持ち物、さらにルール・マナーなどについて解説してきました。今回解説した内容や紹介した情報を参考にプロ野球観戦を楽しみましょう。