ワンシームとは?変化や握りは?使い手も!

ワンシームの握り

野球のピッチャーが投げる直球、いわゆるストレートは、「変化しないボール」というのが基本ですが、最近はメジャーリーグの影響もあって、微妙に変化するストレートが流行っています。そのためストレートでも呼び名が変わり、フォーシーム・ツーシームといった使われ方をします。(フォーシームは変化しないストレート、ツーシームは変化するストレート)

フォーシーム・ツーシームは割と一般的ですが、最近では「ワンシーム」と呼ばれるボールがあり、武器にしているプロ野球選手もいます。この記事ではワンシームとはどんなボールか?握り方・投げ方や、プロ野球で武器にしている使い手についての情報をお届けします。

ワンシームとは?

まずはワンシームの「シーム」について解説すると、シームとは、ボールにある縫い目あるいは縫い目の向きのことを指します。ボールが1回転した時に、縫い目が見える数によってフォーシーム・ツーシーム・ワンシームなど呼び名が変わるのです。

フォーシームは、ボールが1回転した時に縫い目が4つ。ツーシームはボールが1回転した時に縫い目が2つ見えます。これは投げる時に握りが異なります。

そしてワンシームは、ボールが1回転した時に縫い目が1つ見えるボールで、人差指と中指を縫い目にかけず投げるため、ツーシーム以上にボールが不規則な変化することになります。

ワンシームで投げたボールは、ストレートの軌道をしながらホームベース近くで、右に変化したり、左に変化したりといわゆる動くストレート。そのワンシームにより、打者をバットの芯を外すことができます。

ワンシームの握り・投げ方

ワンシームは、ボールの縫い目に指をしっかりとかけない握り方で、あとはフォーシームとツーシームと同じような投げ方です。

また、リリースする時に、中指でボールを回転させるような投げ方をすれば、ストレートの軌道から、ホームベース近くで、打者の体に向かってくるシュートのような軌道に変わり、そこから、低めに落ちるといった打ちにくいボールになります。

ワンシームの握り

プロ野球のワンシームの使い手は?

ツーシームほどのメジャーなボールではなく、まだまだプロ野球でワンシームを投げる投手は少ないですが、実は大物投手がワンシームを投げています。

ダルビッシュ有

菅野智之

山口俊

メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ投手、巨人の絶対的エース菅野智之投手、主力投手の山口俊投手などです。ダルビッシュ投手は球種が多く、時々で使う変化球が変わり、最近はワンシームを使う印象があまりありません。

巨人・菅野智之投手は、ツーシームとワンシームを併用し、最もワンシームを使うプロ野球の投手と言えるかもしれません。内野ゴロが欲しい場面や、打たせて取りたい時にツーシームとワンシームを使い分けます。

山口俊投手はあまりワンシームの印象がありませんが、実は巨人に移籍する前のDeNA時代からワンシームを導入しています。

まとめ

ここまでワンシームとはどんなボールなのか、握り方・投げ方や、プロ野球のワンシームの使い方について解説してきました。ワンシームはツーシームよりも不規則に変化しやすいストレートで、内野ゴロを打たせたい、打者を詰まらせたい時に有効といえます。ただ縫い目に指をかけないのでコントロールが難しいといった面もあります。

こちらの記事もおすすめ!

ナックルカーブの握りと投げ方!なぜ変化が大きいの?【動画あり】

カーブの握り方・投げ方・練習方法!元メジャー投手の解説とプロ選手の練習動画あり!

山崎康晃のツーシームはなぜ落ちる?