ヒットエンドランとランエンドヒットの違いは?それぞれのメリット・デメリットも!

野球でランナー1塁の場面、攻撃側の戦術としては、送りバント・ヒットエンドラン・ランエンドヒットなどがあります。状況やアウトカウントによって戦術は変わりますが、その選択が試合の勝敗を分けることになります。

今回は似ているようで意外と違う【ヒットエンドラン・ランエンドヒット】について解説します。そもそもどのような作戦か、どのような違いがあるのか、またそれぞれのメリット・デメリットについてみていきたいと思います。

ヒットエンドランとランエンドヒットの違いは?

主にランナー1塁での戦術として用いられる「ヒットエンドラン」と「ランエンドヒット」は、どちらも投球と同時にランナーがスタート切って打者が打つという点では同じですが、違いは打者が必ずバットを振るか振らないかにあります。

ヒットエンドランの場合、打者はストライク・ボールに関わらず、どのようなボールでもバットに当てるために振りにいきます。例えバットに当てただけのゴロになっても最低限ランナーを進塁させるのです。

一方のランエンドヒットはストライクの場合、打者は打ちにいきますが、ボールの場合は見送ります。結界的に走者の盗塁になります。なぜヒットエンドラン・ランエンドヒットをそれぞれ使い分けるのかという点に関しては、メリット・デメリットのところでみていきましょう。

ヒットエンドランのメリット・デメリット

ではまず、ヒットエンドランのメリット・デメリットについてです。

【ヒットエンドランのメリット】

「進塁させやすい」

「チャンスを潰しにくい」

【ヒットエンドランのデメリット】

「チャンスの拡大がしづらい」

打者はボール球に食らいついてでもバットにボールを当てるため、打者はアウトになったとしてもランナーを進塁させやすくなります。ヒットが出たらチャンス拡大で、最悪送りバントと同じ結果になるのでチャンスを潰しにくいということになります。

一方で打者はとにかくバットに当てるという意識が強くなるのと、ボール球も打ちにいくのでヒットでチャンス拡大の確率は低くなります。

ランエンドヒットのメリット・デメリット

では次にランエンドヒットには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

【ランエンドヒットのメリット】

「チャンスを拡大しやすい」

「盗塁として成功しやすい」

【ランエンドヒットのデメリット】

「チャンスを潰すことがある」

ランエンドヒットは、打者はストライクのボールしか打たないので、ボール球も打ちにいくヒットエンドランよりヒットになる確率が高く、チャンスが拡大しやすくなります。

またキャッチャーは、ボール球だと2塁への送球が遅れたりしづらかったりというのがあるので単独スチールという形でチャンス拡大の可能性もあります。

一方で打者がボール球を見逃して盗塁アウトという最悪の形でチャンス潰す可能性がヒットエンドランより高くなります。というのも、ボール球でキャッチャーの送球が遅れるというのは低めの場合で高めのボール球はむしろ送球しやすくアウトになる確率も上がります。

ヒットエンドラン・ランエンドヒットを使い分けのポイントは?

ここまで、ヒットエンドランとランエンドヒットの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて見てきました。使い分けのポイントとしては、もちろん試合の状況や対戦相手、アウトカウントによって変わりますが、ランナーの足が速い場合はランエンドヒット、足が速くない場合はヒットエンドランというのが基本ではないでしょうか。

 

こちらの記事もおすすめ!

バスター打法のメリット・デメリット!ホームランは打てる?

梨田昌孝の代名詞「こんにゃく打法」!現役で取り組む選手とは?

ソフトバンク・松田のバッティング「前手ギュン打法」とは?