バスター打法のメリット・デメリット!ホームランは打てる?

ホームベース

野球のバッティングには、様々な打ち方が方があり「〇〇打法」といった呼ばれ方をします。今回はそんな数多くの打法の中の一つ、「バスター打法」に注目して、バスター打法のメリット・デメリットやバスターでホームラン打てるのといった情報をお届けします。

バスター打法とは?

バスター打法とは「バントの構えをした状態から投球に合わせてバットを引いて打つ」打法で基本的にはランナーがいてバントが想定される場面で、相手を騙す作戦として使われます。例えば、ノーアウトランナー1塁で打者がバントの構えをすれば、守備側はバントシフトで前進してきます。そこで投球と同時にバットを引いて、ヒッティングに切り替えることでヒットになる確率が上がります。

バスターは元々、こうした作戦で使われる打ち方でしたが、通常のバッティングにおいてもメリットがあることから状況に関係なく、常にバスター打法を採用する打者もいます。ではバスター打法にはどういったメリットがあるのでしょうか?

バスター打法のメリット

【バスター打法のメリット】

・タイミングが取りやすい

・ミートしやすい

バスター打法は、バントの構えから、ピッチャーの投球モーションに合わせてバットを引くためタイミングが取りやすくなります。また無駄な動きがなくなることで、スイングがコンパクトになり、ボールに当たる確率が上がります。

さらに打撃スランプなどで本来のバッティングがわからなくなった時に、バスターで練習するのも効果があります。プロ野球には、打撃練習時に必ずバスターで何球か打つという選手もいます。

バスター打法のデメリット

バスター打法は、メリットだけではなくデメリットもあります。そのデメリットについてみていきます。

【バスター打法のデメリット】

・パワーが出ずらい

・手打ちになる

コンパクトなスイングになるということは、ボールを強く打つことができないのでパワーが出ずらいということになります。またバットを引くことに意識がいって、下半身が使えない手打ちになる可能性もあります。

バスターでホームランは打てる?

「パワーが出ずらい」のがバスター打法のデメリットと解説しましたが、パワーが出ずらいということは、ホームランは打てないということでしょうか?

ホームランを打つ打者のスイングは「豪快」なイメージがありますが、当然ながらボールを遠くに飛ばすには、下半身主導でヘッドスピードの速さが求められます。バスター打法ではコンパクトなスイングになるため、ホームランを打つスイングとは真逆になります。

ただ決して、バスターでホームランが打てない訳ではありません、少し前に、プロ野球でソフトバンク・細川選手がバスターでホームランを放ち話題になりました。ホームランが打ちづらい打法ではありますが、決して打てない訳ではありません。

まとめ

バスター打法は、基本的にランナーがいてバントが予想される場面での作戦で使われる打法ですが、常にバスターを採用、練習の一環、打撃スランプ脱出などの目的で用いられます。常にバスター打法を採用するのは少しハードルが高いですが、練習の一環や、打撃スランプ時に採用するのはいいのではないでしょうか。

 

その他打法に関する記事はこちら!

梨田昌孝の代名詞「こんにゃく打法」!現役で取り組む選手とは?

ノーステップ打法のメリット・デメリット!【T-岡田】動画も!

ソフトバンク・松田のバッティング「前手ギュン打法」とは?