サイドスローにおすすめの変化球3選!投げ方も解説!フォーク・チェンジアップは難しい?

この記事ではサイドスローの投手におすすめの変化球とその投げ方を解説します。

横手投げと言われるサイドスローと相性がいい変化球はスライダーやシュート、シンカーなど横に曲がるボールで逆に相性が悪い変化球は縦カーブや縦スライダー、フォークなど縦に落ちるボールです。

サイドスローだと横回転はかけすいのでスライダーやシュート、シンカーがよく曲がりますが、腕の位置が下がり落差を使えないので縦カーブや縦スライダー、フォークなど縦に落ちるボールが投げづらくなります。

サイドスローにおすすめの変化球3選

・スライダー

・シュート

・シンカー

スライダー

スライダーはサイドスローに限らず最も投げやすい変化球です。特にサイドスローは握りを変えるだけでも変化することがあり、コントロールもしやすいのでサイドスロー投手にとっては必須の変化球です。

スライダーの握り(右投手)と投げ方
IMG_8965

IMG_8968

ストレートの握りを少し横にずらした握り方です。握りを変えてストレートと同じ感覚で投げるだけで変化することもありますが、中指に力を入れると変化しやすくなります。

シュート

シュートもスライダーと同様にサイドスローには投げやすい変化球です。サイドスローの投手はナチュラルシュートもしやすいので意図的にシュートを投げるのも難しくありません。

シュートの握り(右投手)と投げ方
IMG_8973

IMG_8974

縫い目のやや右側に指を乗せる握りでスライダーと同様にストレートと同じ感覚で投げて変化することもありますが、人差し指に力を入れると変化しやすくなります。

シンカー

スライダーやシュートに比べると難易度は上がりますが、シンカーもサイドスローにおすすめの変化球です。斜めに沈むシンカーは空振りが取れるので決め球として使えます。

シンカーの握り(右投手)と投げ方
IMG_8971

IMG_8972

シュートに近い握りですが、薬指が中指よりにあります。投げ方はボールを抜くようにリリースします。

 

サイドスローで縦系変化球を投げるのが難しい?

縦に落ちるスライダーやフォークは落差がないと変化が大きくならないので腕の位置が低いサイドスローで落差を出すのは難しくなります。落ちる系の変化球はシンカーもしくはチェンジアップがいいでしょう。

 

サイドスローで先発をするなら左右の変化球を覚える

サイドスローで先発投手を務めるのであればスライダーとシュート、シンカーなど逆方向の変化球を取得することが求められます。

サイドスローは右投手VS右打者、左投手VS左打者では出どころが見づらく投手が有利になりますが、右投手VS左打者、左投手VS右打者の場合は投手が不利になるので、外に逃げるボールが必要です。

内角に入ってくるスライダーと外に逃げるシュートやシンカーがあると左右どちらの打者にも対応できるので先発投手として活躍できますが、スライダーとカットボール、カーブだけなど逆方向への変化球がないと打者によって不利な状況になってしまします。

関連記事:サイドスローの先発投手が少ない理由とは?先発として必要なことは?

 

その他サイドスローに関するおすすめ記事

【宮西・又吉・森福】サイドスローの投げ方とコツ

サイドやアンダースローに転向して成功する投手とは?

サイドスローの歴代名投手まとめ!年代別に紹介!あの大投手も!