バットを短く持つメリット・デメリット!ホームランは打てる?

野球のバッティングは「指一本分バットを短く持つか持たないかでいい当たりを打てるか打てないか」が変わってくる繊細な技術です。そのため普段はバットを長く持つプロ野球選手も状況やカウント、相手投手に合わせてバットを短く持つことがあります。

今回は、バットを短く持つメリット・デメリットについて解説し、またバットを短く持つとホームランが打ちづらくなるのかといったことも考えてみたいと思います。

バットを短く持つメリットとは?

「バットを短く持つ」と一言にいっても指1本分なのか、2本分なのか、それとも拳1つ分なのか、いくつかの方法がありますが、一般的にバットを短く持つ場面・理由は「球が速い投手との対戦」「単打や進塁打を狙う」などです。メリットとしては以下のことがあります。

・コンパクトなスイングができる

・バットをコントロールしやすい

・振り遅れずらい

バットを短く持つと、当然ながら手からバットの先端までの長さが短くなってコンパクトになるため、スイングもコンパクトになります。それにより、バットでボールをミートしやすくなります。

さらに、バットを短く持つことで、バットのヘッドを早く出せるなどのコントロールがしやすくなり、その結果として振り遅れずらくなります。これらのメリットを考え、球が速い投手との対戦で振り遅れないように、また空振りではなく何とかバットにボールを当てたい時にバットを短く持ちます。

バットを短く持つデメリット

バットを短く持つとコンパクトなスイングができて、ミート力が上がるなどメリットがある反面、デメリットもあります。バットを短く持つデメリットは、以下のことです。

・パワーが出づらい

・滑らないようにしっかり握るため余計な力が入る

バットを短く持つと、スイング時の遠心力が小さくなり、バッティングにおいてパワーが出づらくなります。またバットを短く持つということは、グリップエンドより上を持つことになり、滑らないようにしっかり握る必要があります。本来バットを長く持っていれば、グリップエンドがストッパーの役割をしますが、短く持つとそのストッパーがないので余計な力が加わることになります。

バットに余計な力が加わっていることは、手のひらの間に「遊び」がなくなり、そのことで、手首の返しなどがしづらくなることがあります。

バットを短く持つとホームランは打てない?

ではバットを短く持つとホームランは打ちづらくなるのか?について考えてみたいと思います。確かに、長打が打てるホームランバッターはバットを長く持つ選手が多いです。バットを短く持つデメリットである遠心力が小さくなるというのが関係していて、長く持つのと短く持つのとでは当然「長く持つ」ほうがホームランが打ちやすいでしょう。

ただし、バットを短く持ったからといってホームランが打てない訳ではありません。プロ野球でバットを短く持つ選手は単打や内野安打を狙うアベレージヒッターが多いですが、巨人・坂本選手や、阿部慎之助選手などは状況に応じてバットを短く持つことがあり、結果ホームランを打つこともあります。

下半身主導で正しい軌道のスイングであれば、決してバットを短く持ったからといってホームランが打てない訳ではありません。メジャーリーグの歴代ホームラン数1位のバリーボンズの全盛期は、バットを短く持ってホームランを量産していました。

 

まとめ

バットを短く持つと、「コンパクトなスイングができる」「バットコントロールがしやすい」「振り遅れずらい」などメリットがある反面、遠心力が弱くなり、パワーが出づらいといったデメリットがあります。ただしバットを短く持ったからといってホームランが打てないのかといえばそうではなく、バットを短く持ってホームランが打てる選手はいます。

冒頭でも話しましたが、バッティングは「指一本分バットを短く持つか持たないかでいい当たりを打てるか打てないか」変わってくる繊細な技術です。短く持つ感覚が自分に合えば、常に短く持つ方法を採用するべきですし、普段は長く持っていても対戦投手・カウント・試合状況に合わせてバットを短く持つというのもいい方法です。

 

バッティングに関するおすすめ記事

バッティングで脇を開けるのは本当にいけないの?

ヒットエンドランとランエンドヒットの違いは?それぞれのメリット・デメリットも!

オープンスタンスの打ち方とは?メリット・デメリットやプロ野球選手も!