投手用グローブの縦型と横型についての解説

投手用グローブは大き分けて縦型、横型の2種類に分かれます。

これは元々のグローブの設計が違います。

縦型、横型に合わせてグローブの型作りをすれば、より良いグローブになります。また、投手の投げ方によって縦型、横型の向き不向きもあります。

 

投手用の縦型グローブ

縦長でポケットの深さが特徴です。

グローブの親指を小指の方に向かって閉じる形でグローブを作っていきます。

IMG_4659

縦型は本格派オーバースロータイプの投手に合うグローブで、投げるときにグローブを強く握らない投手向きです。田中将大投手が縦型グローブです。

 

投手用の横型グローブ

横長でポケットが浅さいのが特徴です。

グローブの親指を人差し指の方に向かって閉じていきます。

IMG_4658

横型は技巧派や サイド系の投手に合うグローブで投げるときにグローブを強く握る投手に合っています。前田健太投手が横型グローブです。

 

縦型、横型はグローブを握るか握らないか

グローブを決めるときに縦型か横型にするかは投げるときにグローブを強く握るか、握らないかで判断します。

強く握るのであれば横型の方がしっくりきますが、ポケットが浅いので慣れないとゴロ捕球は難しいです。

グローブを握らないのであればポケットが深い縦型の方がゴロ捕球が安心です。

野球グローブに関するおすすめ記事

ライナーバックのグローブ|メリット・デメリット 

野球グローブの種類って?ポジション別に特徴を解説!

野球グローブのメーカーおすすめ7選!人気〜マイナーまで!特徴や価格の比較も!