野球初心者におすすめのグローブ10選!少年・草野球別に紹介

野球用グローブは革質やサイズ、ポジション別の形状など初心者には見分けづらい違いが多くあり値段もピンキリです。新品を購入してからサイズが違った、使いづらいといったことにならないように、この記事では初心者向けにグローブの選び方のポイントと少年野球・草野球別におすすめ商品を紹介します。

 

野球グローブの選び方

まずグローブを選ぶときに大切なポイントを紹介します。草野球・少年野球のどちらにも共通することです。

右投げ用か左投げ用か

グローブの選び方で最も大切で基本となるところです。右投げと左投げではグローブが異なります。当然ですが右投げは左手にグローブを付けて左投げは右手にグローブを付けます。左右を間違えて購入してしまうと使用するのは不可能ですので、グローブを選ぶときは「右投げ用」「左投げ用」をよく見て確認する必要があります。

軟式用か硬式用か

野球はゴム製の「軟式ボール」と表面が皮でできていてプロ野球選手が使う「硬式ボール」に分けられます。草野球プレーヤーは「軟式ボール」、少年野球は軟式ボールを使う連盟とリトルリーグなど硬式ボールを使う連盟があります。

グローブを購入する前にこれから所属するチームが硬式なのか軟式なのか把握する必要があります。

硬式用グローブと軟式用グローブの違いは皮の厚さです。硬式はボールが硬いので軟式よりも皮が分厚く作られています。そのため値段も硬式グローブの方が高いのです。

硬式用グローブを購入して軟式で使う分には問題ありませんが、軟式用グローブを硬式で使うと怪我に繋がり危険です。

サイズ

野球グローブに限らずサイズが合わない道具は使いづらく機能してくれません。自分の体格や手のサイズに合わせたものを選ぶ必要があります。

ちなみにここでのサイズとは手を入れる部分の大きさです。グローブに手を入れた時に「きつすぎる」「奥まではいらない」「大きすぎぎてつかみづらい」とボールを捕るのが難しくなります。

グローブの手を入れる部分のサイズは草野球プレーヤー向けの大人用は一般軟式としてサイズが決まっていますが、少年用はSS、S、M、L、LL、など細くあってメーカーによってサイズも対象年齢も異なります。

メーカーホームページに詳細サイズは掲載されていますが、基本的な認識としては以下の通りです。

SS→小学生以下  〜120cm
S→小学校1〜3年 120cm~135cm
M→小学校3〜4年 135cm~145cm
L→小学校4〜6年  145cm~155cm
LL→小学校5〜6年  155cm~

ポジション

野球はポジションごとに適したグローブが異なります。詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

関連記事:初心者必見‼︎野球グローブのポジション別の違いと特徴を徹底解説!

ただ初心者でこれから野球を始めるかたはポジションが決まっていないことも多いと思います。初心者で初めてグローブを購入されるかたは「オールラウンド用」のグローブを買うのがおすすめです。

オールラウンド用とは基本的に内野と外野、どのポジションでも対応できるグローブです。ただ、オールラウンドでもキャッチャーとファーストは対応できません。ポジンションがキャッチャーまたはファーストの場合は専用のグローブを購入する必要があります。

ただ少年野球や草野球などで初心者がいきなりキャッチャーやファーストを守るということはほとんどないのでオールラウンド用を持っていれば無難といえます。

ピッチャーをやる可能性がある場合はグローブの色の規定に注意しなければなりません。ピッチャーは灰色または白のグローブを使うことができません。これは灰色や白がボールの色に近いためバッターがみづらくなるためです。

その他のポジションでは色の規定は特にありません。

素材

野球グローブに使われる素材は大きく天然革と人工革に分けることができますがグローブを選ぶ際は、その素材にも注目する必要があります。それは耐久性や使い心地が変わってくるからです。全て天然革、天然革と人工革が半々、全て人工革といった違いがあり、天然革が多く使われているほど値段は高くなります。

人工革は耐久性が劣りますので、長く使うグローブであれば迷わず全て天然革のグローブを選ぶのが良いでしょう。手を入れる部分が人工革でそれ以外は天然革のグローブがよくあり、試合でも使えますが型崩れがしやすく、耐久性は劣ります。全て人工革のグローブはキャッチボールなどでは使えますが、試合用には適していません。

 

少年野球におすすめのグローブ5選


こちらは小学生以下のファーストグローブにおすすめです。野球に興味を持っているけど続くかわからないなどとにかく安いグローブが欲しい方向けです。人工革で耐久性は期待できませんが、初めてのグローブにはぴったりです。

 

メーカーはミズノ、軟式少年用のグローブです。オールラウンドで基本的にファーストとキャッチャー以外のポジションは対応できます。サイズはMで130cm~145cmの小学校2年〜4年向きです。本革で作りがしっかりしています。

 

メーカーはゼット(ZETT)、軟式少年用サイズLのグローブです。こちらもオールラウンドで基本的にファーストとキャッチャー以外のポジションは対応できます。身長145cm~155cm、小学校4〜6年向きです。 こちらも本革です。

 

ローリングス 硬式用ジュニアローリングスゲーマー[オールラウンド用] 硬式グラブ ジュニア硬式用 小学校高学年から中学生用

メーカーはローリングスで少年硬式のオールラウンド用です。硬式用ですのでリトルリーグに所属する選手向けで小学校高学年〜中学校に入っても使用可能です。

 


メーカーはミズノ、少年硬式の内野用グローブです。こちらも硬式用でリトルリーグに所属する選手向け、高学年〜中学に入っても使用可能です。

 

草野球初心者におすすめグローブ10選!

とにかく安いグローブを探している方におすすめです。キャッチボールはもちろん草野球の試合でも問題なく使用できます。ただ、耐久性に劣るので長く使い続けるのは難しいでしょう。

 

メーカーはミズノ、軟式オールラウンド用です。キャッチャーとファースト以外のポジションは対応できて野球グローブの定番カラー3種類です。

メーカーはミズノ、軟式オールラウンド用です。ピッチャーとキャッチャー、ファースト以外のポジションが対応できます。新しいモデルでおしゃれなデザインが特徴です。

 


メーカーはアシックス、大谷翔平選手やダルビッシュ選手が使うメーカーのオールラウンド用です。こちらはグローブのウェブ(網)は投手には向かず、外野でも使えますがどちらかといえば内野向けです。

 

メーカーはローリングス、メジャーリーグで使っている選手が多いメーカーです。オールラウンド用で初心者向け、デザインが渋めのグローブです。

 

少年野球・草野球に最適なグローブを選ぼう

野球初心者向けにグローブの選び方と少年野球・草野球向けにおすすめを紹介しました。グローブ選びの参考になれば幸いです。またグローブは購入してから手入れも大切になりますので、日頃から手入れも怠らないようにしましょう。

こちらの記事もおすすめ!

野球初心者におすすめのスパイク12選!少年・草野球別に!

 

その他グローブに関するおすすめ記事

投手用グローブの縦型と横型についての解説

ライナーバックのグローブ|メリット・デメリット 

グローブ刺繍の言葉まとめ!かっこいい四文字熟語を集めてみた!

野球グローブのメーカーおすすめ7選!人気〜マイナーまで!特徴や価格の比較も!